スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリコとカモと――卵の日

※攻略関連はこちら→エッグハント攻略情報

  ギルドの任務を終え久しぶりにグリダニアに戻ってみると、どうにも町が騒がしい。なにやら卵を模した怪しげな風船が浮かび上がり、卵のような形の怪しい冑をかぶっている者をやけに多く見かけるのである。
エッグバルーン

 とある我が悪友も青やピンク、黄色と言った極彩色に塗られた卵冑を着けていた。
 こは何事ぞと目を見張る我輩の前でそ奴が帽子を脱ぐと、その頭上にはドードーのものと思しき大きさの卵が鎮座ましましている。しかも、その卵も冑と同じく極彩色である。
 我輩の目の前で何が起こっているのか。一体こ奴は何をしているのか。我輩、頭の中に疑問符が充満し耳から溢れ出そうな勢いである。
 奴は頭上から卵を手に取り確認すると、
「お、こいつは当たりだったようだな」と呟いた。
 その語るところによると、この卵はカモエッグと言って、ドードーの一種であるカモドードーの卵らしい。「カモがネギ(リーキ)しょってやってきた」という言い回しがある。騙しやすい相手とうまい話がセットになっていることを意味する詐欺師の隠語である。この“騙しやすい相手”にあたる“カモ”というのがカモドードーのことだそうだ。
 成る程、確かに空を飛べぬドードーは他の鳥類と比べて捕らえやすく、またその肉とリーキの組み合わせは絶妙である。あまり一般的ではないが、ドードー肉をメインとした山の幸の串焼きも我輩が自分で焼く際には必ずリーキを使う。
 そしてカモドードーというのは肉も美味いが卵の味は正に絶品であり、舌がとろけるようであるという。だが通常のドードーとカモドードーを見分けるのは至難であり、鶏のヒヨコの雌雄を見分けるよりも難しいそうだ。
「ところがだ。それを簡単に見分ける方法がついに判明したってわけだ」
 温かく暗い場所でドードーの卵を温めると、カモドードーのものであればその殻が極彩色に染まる場合があるという。色が変わればカモドードーの卵、変わらなければ普通のドードーの卵である。
 そして、色を変えるための温度や湿度など全ての条件が一致するのが人の頭の上に卵を載せ、帽子をかぶった状態らしい。
「で、さっそくカモドードーのが混ざってるっていうドードーの卵を仕入れたんだが、ちょっと数が多くてな。俺ひとりじゃ温め切れなさそうだし、よければ少し分けてやるぜ?」
 この男のことだ。また欲をかいて仕入れすぎたのだろう。そういう弱みを指摘してやった結果、奴の言い値の半額ほどで買い取ることになった。通常のドードーの卵より多少値は張るが、そこまで美味いという事であればその程度は出してもよかろう。

 その翌日のことである。我輩は奴を探し回っていた。
 頭巾(コイフ)に卵を入れて温めていた我輩は、そのためにふくれた頭部のことを辻店区で出会った知り合いに尋ねられ、事情を話したところ大笑いされた。
 当然である。極彩色の卵は町中で見かける卵帽子と同じく、賢者が卵に降臨するなどという如何わしい預言による奇祭に纏わる物であるという。祭りの為に装飾を施した卵には何種類かあるが、カモエッグというのはその一つで普通のドードーの卵に色を塗っただけのものだそうだ。
 つまり、奴が昨日語っていたカモドードーやらいうたわ言はすべて出鱈目である。あのような寝言を真に受けてしまった自分に腹が立つ。
 足を棒にして奴の姿を求めた我輩は、例の奇祭「エッグハント」の信奉者から情報を得ることが出来た。エッグハントは事件の為に一時中断されているという。協力者であったはずのスプリガンたちの一部によって件の祭に必要な装飾卵が盗みだされてしまったのだ。
 どうやらその奪還に駆り出された冒険者の中に奴もいたらしい。

 ムントゥイ醸造庫はキャンプ・エメラルドモスから程近い地下に広がる廃墟だ。
 かつては黒衣森を代表する巨大な酒蔵であったらしいが現在では寂れ果て、密猟者や魔物どもが塒とする森の治安悪化の一因である。エーテライトゲートも設けられ定期的な魔物討伐指令(ビヘスト)も出されているが人に知られぬ出入り口があちこちにあるらしく今なお根絶には至っていない。
 奴はエッグハントの飾り卵を盗み出したツィギーが潜んでいるという情報を受けてここに向かったらしい。
 スプリガンはゴワゴワした黒い毛玉にウサギのような長い耳をはやした魔物である。エオルゼア全土に生息するが人前に姿を現すことは稀であり、毛玉仲間のスナーブルが鉱床発見の幸運の象徴とされているのと対照的に採掘師からは鉱石泥棒として毛嫌いされている。
 言葉を語る程度の些少の知能を持つようだが、鉱石を主食とするらしい彼らが何ゆえに卵など盗み出したのか、そもそも何ゆえにあの様な奇祭に協力していたのか量りかねる。スプリガンの社会に異変でも起きているのであろうか。
 そんなことを考えながら廃墟に歩を進めていると通路に人が倒れているのを発見した。魔物に襲われた冒険者かと駆け寄ってみると、木製のマスクで顔を覆ったミコッテの格闘士だった。黒衣森で木のマスクを着けたミコッテを見たらそれは鬼哭隊か密猟者のいずれかと相場が決まっており、槍以外の武器を持っているならば九分九厘後者である。冒険者の可能性も無いではないがサゴリー砂漠に雨が降るよりも確率は低い。
 大方、縄張りに侵入した奴を撃退しようとして返り討ちにあったのであろう。呪弾によって生気を失い昏睡している。いずれ仲間がやってきて救出されようし、いま目を覚まされても厄介なのでそのまま放置し奴の痕跡を追うことにした。
 そこから先も、通路にはコウモリやマイトリングといった魔物たちの屍が点々と残されている。目印となる上に邪魔な魔物が片付いているおかげで追跡が楽だ。やがて何度も折れ曲がる通路の先から硬質の物が岩壁にぶつかる音と呪術の昂唱とが聞こえてきた。何者かが奴と戦っているようである。
 剣歯スプリガンは通常は年経たスプリガンがなるものだが、時折り若くしてその段階まで歯が生え変わるものがいる。それらは次の階梯であるヴォーパルスプリガンへと変化し、その鋭い前歯には剣術の達人ですら一撃でくびをはねられたと聞く。
 よもやツィギーとやら、そのヴォーパルスプリガンの一体であったりはすまいか。慌てて駆け出し奥の部屋へと辿り着くと、ちょうど奴がこの部屋に住み着いていたらしい座頭蟹を仕留めたところであった。残念なことにまったくの無事だったようだ。
 そして部屋の奥の一隅には飾り卵を抱えたスプリガンが縮こまって居る。素早く扉の陰に身を隠した我輩のもとに、その声が届いてきた。
ツィギー「ツィギー、ミヅガッタ。ワロイ、ワロイ……スプリガンモ、ケジャサマ、ホシカッダダケナ。アリゴンタムゴ、カエズ、デモ、コゴ、ナイ」
「いや、卵はいいからお前が持ち出したって言う帽子の方を寄越せば見逃してやるよ。あれは同じのが倉庫に残ってないって話で信者どもに高く売れそうだからな」
 この男は卵を取り返すように雇われておきながらその任を放り出して犯人と裏取引をしようとしているというのか。正しく欲望の虜と呼ばざるを得ない。
 一体どこまで我輩を呆れ返らせれば気が済むのか。開いた口がふさがらずにそのまま糺す声が思わず出た。
「やべえ、見つかったか。いやいやいや、まあ、そう熱くなるなよ。こいつだって悪気があってやったわけじゃねえんだし」
 横のスプリガンに矛先を向けたいようだがそんなことはどうでもよい。
「あれ?いいのか?」
 それよりも、貴様が先に働いた詐欺行為のことである。
「ああ、あれか」
 あれか、ではない。カモドードーなどという下らぬ出鱈目で人からせこく金を巻き上げておいて何か他に言うべきことがあるのでは無いか。
「確かにあれは口から出任せだ。だが……」
 徐に上げた奴の指先が、真っ直ぐに我輩をさした。
「カモドードーはいなくても、カモはいたじゃねえか」

***

 奴をぶちのめし終えて気付くとツィギーはすでに姿を消していた。後には例の祭で景品に使われる帽子が残されている。詫びのつもりであろうか。そこに倒れている男よりは魔物の方が余程に潔いようだ。
 魔物にも人の情というものは理解できるのであろうか。統治者(アルコン)と呼ばれる十二賢者がもしこの時代に新たな生を受けるとしたら、その下でスプリガンたちはどのように暮らすのだろう。人の賢者の創る世は所詮は人が為の世。スプリガンには住み難いのでは無かろうか。或いは彼らはそれを恐れて自分達の為の賢者を欲したのであろうか。
 我輩は首を振りそれらの疑問を頭から払った。どうにも空想に重ねた空想が妄想へと変わるようでいかぬ。早々にこの暗い穴蔵から陽の下へと戻るが良いようである。
 奇祭の果てに賢者とやらが真実に現れるにせよただのペテンであるにせよ、祭は祭。今はただ皆と楽しむのが健全というものだ。我輩も自分を待つ仲間(そこに倒れている男は除く)のもとへ帰るとしよう。

 諸君も良い祭の日を過ごさんことを。
スポンサーサイト

テーマ:FINAL FANTASY XIV - ジャンル:オンラインゲーム

ミステリーゾーン



この世には人知を超えた第五の次元が存在する。光と影の狭間、科学と迷信の狭間、人の恐怖の奈落と知性の高みの狭間に横たわる領域。それは空想の世界。
人呼んでトワイライトゾーン


今日ご紹介するのは、不思議な流星を見た一人の男の物語です。
あなたも噂をお聞きになったことがあるのではないでしょうか。
曰く、その流星に当たった者はドロドロに溶けてしまう。曰く、その流星を見たものは呪われてしまう。
実際のところ彼の身にいったい何が起こったのでしょうか。
それではご覧ください。


その日、一人の男がウルダハの都にたどり着こうとしていました。
彼の名はジョン・ハワード(David Landis)。しがない木工師(Carpenter)です。
ジョンくん

彼は怒りに燃えていました。
グリダニアのギルドで木工師としての親方株を手に入れ、店を持つという夢破れての二十数年ぶりの帰郷だったのです。
チョコボキャリッジに揺られながら、彼の胸にはグリダニアでの思い出が去来しました。

彼の親方だったララフェルは、穴掘りモグラの末裔の癖に、彼が仕事を怠けると言って法の許す限度まで叩きました。
弟弟子のアラミゴ流入民は、敗残者の難民の癖に、彼を追い越して親方になっていきました。
木工ギルドで試験官をしていたエレゼンは、森の奥に閉じこもっていた都会的センスの欠片も無い部族の癖に、彼の作品を終にマスターピースとは認めませんでした。
彼が密かに作った槍を買っていった冒険者のミコッテは、頭が悪く物の価値もわからない種族の癖に、彼の作品を不良品だと訴えました。
ハンズアイの使い走りのルガディンは、ただの筋肉ダルマでギルドの規定の理不尽さも理解できない程度の脳しか持っていない癖に、モグリで商売を行ったと彼をグリダニアから追い出しました。

全てが憎くて仕方がありませんでした。
歯軋りの音が漏れたのか、乗り合い鳥車の客席の正面に座る男が彼を睨み付けて舌打ちをします。
彼は目を閉じて深くため息をつきました。
考えればすべては過ぎ去った事です。それよりも、これからどうするのか考えなくてはなりません。
と、そこで彼は気付きました。
知人達は彼が親方株を持たずに帰郷した顛末を知りたがるでしょう。
いや、もしかすると彼が追い出されたことを風の噂でとっくに聞いてさえいるかもしれません。
苦い後悔には耐えることができてもこれから受けるであろう嘲笑には耐えられそうもありませんでした。
グリダニアの人間も、ウルダハの人間も、他の奴らなんてみんな消えてしまえばいいのに。心の底からそう思いました。

鳥車を降りた彼が目にしたのは不思議な光景でした。
天を覆う暗雲に、降り注ぐ火の玉の群れ。この世の終わりが来たとでもいうのでしょうか。
流星雨

ふと我に帰った彼が辺りを見回すと何か様子がおかしいような気がします。
そこは彼が良く知るウルダハに間違いないはずですが、何かが決定的に違っていました。
周囲にまったく人の気配が無いのです。
まさか、みんな消えてしまえばいいという先ほどの彼の願いを神がかなえてしまったとでもいうのでしょうか。
まだウルダハに住んでいたはずの友人の姿を求めて、彼は走り出しました。


近頃は開放されっぱなしのはずのクイックサンドの扉が閉まっている。
クイックサンド閉店

なんだか腹が減ってきた。露店にも誰も居ないし止むを得ないか。
空腹

キャンプブラックブラッシュまで来てみたがエーテライトまで消えている・・・
無人ブラックブラッシュエーテライト

もう一人は嫌だ・・・誰かいないのか?
誰でもいい。誰か・・・!


マールソー海峡に沈みかけた夕日が朱に染めるホライズンエッジで一瞬だけ人影を見たような気がした時、薄闇が帳を落とし始めたドライボーンで幽かな嘆き声を聞いたような気がした時、もしかするとあなたの横に彼がいるのかも知れません。
彼はいまでもさまよい続けているのです、あの黄昏の世界を。



以下蛇足

続きを読む»

テーマ:FINAL FANTASY XIV - ジャンル:オンラインゲーム

星芒祭

もう霊6月(12月)も半ばを過ぎ、世間は星芒祭ムウド一色に染まっているようである。
そういった世間の浮かれた空気に誘われたわけではけして無いが、今回は街のイルミネイションを紹介するとしよう。

なに?クリムゾンバアクの紹介はどうしたかと?
何分にも近頃あの辺りでは天気が悪く、好い風景が得られないので暫らく延期することと相成った。
付近の敵に襲われ続け、何度挑戦してもエーテライトゲエトに到達できずに泣いて帰ってきたわけではけしてないし、冒険者としての格を上げて再度挑んでみても無理だったために諦めたというわけでもない。
其処の所は誤解しないで頂きたい。

閑話休題。その日の我輩は紅の樹帯への度重なる出征の為に資金を使い果たし、着るものにも事欠く有様であった。
襤褸
襤褸を纏い街に出ると天から白いものが舞い降りてくる。道理で冷える筈である。
今日の所は部屋へ戻り仕事を探すのは明日にしようかと考えたが、帰ったところで薪も切らしているのでは、内も外も寒いことに変わらぬ。エエイ侭よとカアラインカフェに向かうことにした。
だが、睡蓮の花園からハアトストリイムへと差し掛かる辺りが何やら普段と異なる様子である。
星芒祭1

門の脇に鐘をつるした柵のようなおかしなものが突き立てられている。
そして、その脇にはおかしな装いをしたチョコボがつながれ、おかしな装いをしたエレゼンの老人が立っていた。
星芒祭2
こは一体何事ぞと目を凝らすと、エレゼンの老人の服装に見覚えがある。

エオルゼアの各都市では、毎年の暮れに星芒祭が催される。この祭りの期間の特に寒い夜、大人たちは緋色の外套を身に纏い子供達に贈り物をする風習がある。
我輩の目の前にいる老人の風変わりな衣装はこの外套のようである。
定かな名前があるのか否かは知らぬ。だが、我輩がかつて訪れた村ではこの装束を着る者をスマイルブリンガアと呼んでいた。
スマイルブリンガー

老人によると、この鐘はグリダニアの四箇所に設置されており、そこでは通りかかった者に贈り物を配っているという。我輩はグリダニアのような大きな街でこの時期を過ごすのは初めてのことだが、さすがに豊かなものだと驚いた。
詳しく場所を聞いたところ、他にはリリイヒルズ入り口、紫檀商店街入り口、チョコボ留横が配布場所になっているそうだ。そこで、どうせならばとリリイヒルズまで足を伸ばすことにした。
勿論これは美しい飾り付けが見られるだろうという目論見からのことであり、高級住宅街ならば贈り物も豪華だろうなどというさもしい心情から出たものではないことは、諸君にはご理解いただけるものと思う。

歩きながら周囲を眺めるとあちこちに飾りつけが施されており、街が祭りに染まっているかのようだ。

カーラインカフェ入り口
カアライインカフェ入り口。ここにもアーチが設けられている。

雪の水車
雪に煙る水車。

雪のおろち石
おろち石。なんとも幻想的な光景である。

アプカルの滝
アプカルの滝。飾り付けをされた巨大なスタアライトツリイが置かれている。

野外音楽堂
野外音楽堂にも寄ったが、残念ながら催し物のある時間ではなかった。

そうしてリリイヒルズに設置された鐘まで来てみたものの住人の姿は見当たらぬ。
リリーヒルズ
何時もの門衛の他にはベルの横にスマイルブリンガア装束のヒュウランの若者が寂しく立っているばかりである。

考えてみれば当然のことであった。
我輩のとある悪友は幸福そうなアベックや金のかかっていそうな身嗜みの者たちを見る度に「エオ充爆発しろ」などと吐き捨てている。エオ充とは、エオルゼア生活が充実している者を指すらしいが、其の伝でいけばリリイヒルズの住人などは皆エオ充であろう。
そのような者達はこの日この時刻には暖かな暖炉の前で家族や大事な人と過ごしているに違いなく、雪のちらつく外を歩き回っている筈も無い。
わが身を顧てなんだか悲しくなってきた。

とまれ、せっかくここまで来たのだ。プレセントを頂いてから戻るとしよう。
若者に声をかけるとプレゼントを渡す前にまずは鐘を鳴らしてみろというので、冒険者稼業で鍛えた拳をふるってみたところ怒られた。
neqoパンチ


横に設えられている紐を引けばよかったらしい。それならそうと先に言って貰いたいものである。
改めて紐を引くとカランカランと騒々しい音が響き渡り、スマイルブリンガアが目を見開いて驚き顔をしている。
自分でやらせておいて何を驚いているのかと思ったが、この鐘は籤になっておりその音色でプレゼントの内容を決めているのだという。そして先程の喧しい音は特等当選なのだそうだ。

こう見えて我輩は運が悪い。
富くじ福引きの類いは言うに及ばず、印が付いていたらもう一本貰えるという棒付き飴ですら、はずれしか覚えに無い。
生まれてこの方あたったものと言えば、放置したまま忘れて少々苦味を発し始めた山羊乳くらいのものである。
であるからして、このような幸運が他ならぬこのような日に訪れるとは思いもよらなかった。

勢い込んで賞品は何かと尋ねると、スマイルブリンガアの若者は我輩の喜び様を見て何やら気まずげな様子でチョコボの鞍袋から真っ赤な布で出来たものを取り出した。
どうやら、スマイルブリンガアの装束一揃えのようである。
高価な生地を使った服の様ではあるが、この様な派手な衣装は凶賊匪賊を討伐する為に身を隠すこともある冒険者活動には向かぬし、街で着るにも些か居心地の悪い装いである。
有態に言ってしまえば我輩コスチュウムプレエの趣味は無いということだ。
この様な衣装を渡されてもなんと言うか、その、処分にチト困る。
まあ、寒いのでとりあえず着てはみるのだが。
赤装束

困惑する我輩を尻目に続いて出て来た物は煌びやかなリボンをかけられた鮮やかな彩りの箱である。
これは開けずにクオーリイミルのハムレットに届けてくれという。
ハムレットとは、村とも呼べないほどに小さな集落のことである。
クオーリイミルは南部森林の外れにあるハムレットで、古くから住み着いている者達のほかに、アラミゴから逃げ出してきた者たちが暮らしている。
そのような場所では人々の暮らしにも余裕があるわけではなく、贈り物の用意も叶わぬ。そこで冒険者がスマイルブリンガアに扮して子供達へプレゼントを届けるという趣向らしい。
却々如何して粋な計らいではないか。
サテはこの特等当選とやら、鐘の音で判定しているなどは出鱈目で冒険者に仕事をさせるための仕込みであろう。先程の驚き顔など実に見事な演技であった。
騙されはしたが何やら愉快な心持ちである。
引き受けると若者はほっとした様子で「これもお使いください」とランタンシールドを取り出した。
懐炉ならぬ背炉という訳か。これは有り難い。思わぬ贈り物である。
背炉

彼の心遣いに背中ばかりではなく胸の内まで暖かくなる様な気がして、我輩はクオーリイミルへと向かうことにした。

来たる年が、諸君らにとっても良き年になりますように。
メリイ・スタアライト!



※1:この記事には一部脚色があります。
実際には星芒祭イベントでドリーム装備を入手するにはベルを調べるだけではなく、素材の合成やスターダストBOXの配達といった手順が必要となりますし、ランタンシールドをもらうこともできません。
もちろん特等当選などもありません。
また、スマイルブリンガーという呼称もFF11の舞台であるヴァナ・ディールでのものであり、FF14の舞台であるところのエオルゼアでの呼び名は今のところ明らかにされてはいません。

●おまけ:通りがかったときに思わず足を止めてしまう光景でした
サンタ放題

テーマ:FINAL FANTASY XIV - ジャンル:オンラインゲーム

プロフィール

まうざ

Author:まうざ
元々はミコッテ派だったが、新生でルガ♀&ララフェル派になった裏切り者

なのでブログタイトルなどは過去形

権利表記

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitterアカウント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2BLOG
ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。