スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリダニア観光案内4

さて、危険な区域を早々に脱出した我輩だが、少々疲れてきた。
どこか休める場所を探すとしよう。

●リリーヒルズ
セントオルアイを出て暫く進むと右手に豪奢な造りの門が見える。
これは高級住宅地リリイヒルズへと向かう道である。

リリーヒルズ
ここで左に見える門衛が言うには「道に迷ってしまいましたか?冒険者ならば地図の開き方ぐらいは覚えておかないと、この先、危険な目にあってしまいますよ?」とのこと。
これはグリアニアの門番達と放浪者達の間で交わされる符牒で「ここはお前のような駆け出し冒険者が来ても良いところではない。さっさと帰らなければ危険な目をみせてやろうか」の意である。グリダニアには他にも似たような言葉に「ぶぶづけでもおあがりやす」などがある。恐るべし。

●ミィ・ケットの野外音楽堂
山の手を追い出されてさらに進むと野外劇場がある。
泉を背景に緑に囲まれた閑静な施設だが、祭りの日などは大勢の人で溢れかえる。
この日はたまたま一般に開放されていたが、農繁期のため誰もいないようである。

野外劇場
我輩は誰もいないからといって踊ったりふと我に返って赤面したりするような子供っぽい真似はけしてしないので誤解なきよう。

●ノフィカの祭壇

野外音楽堂の少し先には巨石を組んだだけだがなにやら厳かな雰囲気の門がある。

幻術ギルド門
この先にあるのが豊穣神ノフィカの祭壇、おろち石である。

祭りの日には供物を捧げる者であふれるが、平時は幻術士に会いに来るものがまれに通るくらいである。
ここを通る際には神に感謝を示すためか
微風ふいて 梢ささやき
日だまりの草 千々にたゆたう

というノフィカ賛歌をしずかに呟いている者もいるようだ。

三重
この日祭壇を守っていた者によると幻術皇なる人物が三重に出かけたまま戻っていないそうである。奈良から三重であればさほど遠くは無いとは言え、仮にも皇と呼ばれるほどの人物である。多忙なのであろう。

●碩老樹瞑想窟
ノフィカの祭壇の背後には幻術士のギルドにあたる碩老樹瞑想窟がある。ありんす
グリダニアの周囲に広がる黒衣の森を守る結界を張るなどの祭事は幻術士たちが取り仕切っているようだ。

幻術ギルド内
だが、そのような重要な地位にいるからといって他者を見下すのはどうかと思うのである。けして我輩の心が傷ついたとかそういう話ではなく、一般論としてである。

●グレートローム小農場群
傷心を抱えて
瞑想窟を出て進むと、園芸ギルドにたどり着いた。
このような森の中の都であるし植物などは勝手に育つのではないかと思っていたのだがそう簡単な話でも無いようである。
やはり人の手をかけたほうがよく育つそうだ。

さすが園芸士ギルド、植物に詳しい者たちばかりであるが、その中に花言葉に詳しいという者がいた。

花言葉
興味が湧いたので聞いてみたのだが、直後に深く後悔した。
自分にまかせろなどと、聞かれもしないのに言い出す者はやはり信じてはならぬようである。

ここには食用や錬金術の素材となる植物だけではなく、ただ美しい花を育てる花畑もあるようだ。
花畑
うらやましいにゃー
・・・我輩もなんだか眠たくなってきた。そろそろ帰るとしよう。
スポンサーサイト

テーマ:FINAL FANTASY XIV - ジャンル:オンラインゲーム

プロフィール

まうざ

Author:まうざ
元々はミコッテ派だったが、新生でルガ♀&ララフェル派になった裏切り者

なのでブログタイトルなどは過去形

権利表記

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitterアカウント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2BLOG
ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。