スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変体モンゴリアンのススメ番外編:ファンクションキーつきゲームパッドを使ってみた

まず始めに皆さんに告げておかなければならないことがあります。

今回の記事はおそらく皆さんのお役には立てません。

キーバインドの設定やホットバーの割付などのスクリーンショットもとってあるのですが、あえて掲載しません。

そういった前置きをした上で今回試した入力デバイスを紹介させていただきます。

EXAPRIZEゲームパッド

「ああ、やっぱりな」と思った方も多いと思いますが、EXAPRIZE USB GAMEPAD EX0028(鉄鬼推奨ゲームパッド)です。

PS3スタイルのアナログスティックやボタンに加えて、12個のファンクションキーボタンとタブキーボタン、さらにR2L2の下に一つずつのトリガーを備えています。

ボタンを他のキーに割り付けなおすことは出来ませんが、タブキーはデフォルトでターゲットの順送りに設定されていますし、ホットバーをキーバインドでファンクションキーに設定すれば手元でホットバーのアクションを実行できる、一見するとゲームパッドのみでFF14をプレイするスタイルに非常に役立ちそうなものに見えます。

ところがこれが使えません。

何故か。それはこのゲームパッドが、ゲームパッドとして要求される工作水準を満たしていないという点が第一に挙げられます。

ファンクションボタンが小さくて微妙に押しにくいのは仕方ないとして、十字キーはガクガクで入力できたり出来なかったり、方向によってはほぼ入力できなかったり逆に入りっぱなしになってしまったりします。

この時点でこれはちょっと使えないなと気付きますが、それでも我慢してしばらく使っているとFF14のサウンド出力が突然止まります。BGMのみならずエフェクト音や操作音などもまったく出力されません。 さらにしばらく経つとFF14が突然プログラムエラーで終了します。

別のゲームパッドを接続すると普通にプレイできますが、再度このゲームパッドを接続するとやはり強制終了されてしまいます。

このゲームパッドのデバイスドライバが何か悪さをしているようです。


そういったわけで、キーバインドやホットバーの紹介もしようと思っていたのですが、ゲームパッドの作りが悪いのみならずデバイスドライバのFF14との相性も最悪と、それ以前の問題でした。

皆様におかれましては私と同じ轍を踏まぬようご注意ください。


さて、寄り道してしまいましたが次は前回予告した通り、プログラマブルテンキーとトラックボールを使った変体モンゴリアンのご紹介をしたいと思います。

関連記事

テーマ:新生FF14エオルゼア - ジャンル:オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まうざ

Author:まうざ
元々はミコッテ派だったが、新生でルガ♀&ララフェル派になった裏切り者

なのでブログタイトルなどは過去形

権利表記

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitterアカウント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2BLOG
ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。